現代書館
芸術一覧映像・写真一覧書名一覧買物カゴを見る

ドキュメンタリーとは何か

ドキュメンタリーとは何か――土本典昭・記録映画作家の仕事

装幀 伊勢功治

土本典昭フィルモグラフィ展2004実行委員会 編
判型
四六判 上製 224ページ
定価
2000円+税
ISBN4-7684-7678-3

注文数
増やす
減らす
注文数を入力し、押して下さい
昨今、世界的に映画界はドキュメンタリーばやり。日本ドキュメンタリー映画の巨匠・土本典昭の全作品展が昨年8月上映で催された。本書はその時のシンポジュウムをもとに成作された。「記録とは何か」(黒木和雄・佐藤忠男・土本典昭)、「あるプロデューサーの証言」(高木隆太郎・時枝俊江・土本典昭)、「テレビとドキュメンタリー」(田原総一朗・森達也・土本典昭)、「日本のドキュメンタリーに未来はあるか」(今田哲史・鈴木志郎康・藤原敏史・土本典昭)等、いまドキュメンタリー映画の第一線で活躍中の方々の発言からドキュメンタリー映画の現状と今後の可能性を探る。(村)


GO TOP
| ご注文方法 | 会社案内 | 個人情報保護 | リンク集 |

〒102-0072東京都千代田区飯田橋3-2-5
TEL:03-3221-1321 FAX:03-3262-5906