現代書館
芸術一覧映像・写真一覧書名一覧買物カゴを見る

舞踏(BUTOH)大全

舞踏(BUTOH)大全――暗黒と光の王国

装丁 杉本 和秀

原田 広美 著
判型
A5判 並製 552ページ
定価
5200円+税
ISBN4-7684-7680-5

注文数
増やす
減らす
注文数を入力し、押して下さい
土方巽の「暗黒舞踏」に始まり、世界を震撼させた舞踏45年の歴史と記念碑的名舞台が、いま、蘇る。主要60団体・個人を豊富な資料、インタビュー、秘蔵ビデオ、舞台分析を含め、160点の写真と1200枚の原稿で追う。舞台鑑賞のハンドブックとしても最適!!

[著者紹介・編集担当者より]
原稿1200枚、写真150点。舞踏家のインタビュー・舞台の観賞を含め、これだけの舞踏大全はかつて出版されていない。60年代から21世紀まで本書によって舞踏の全貌が明らかになる。舞踏は亡びておりません。若者の身体表現として定着しています。(日)


目次

 はじめに 

第一章 「暗黒舞踏」の成立 

土方 巽 ◆Tatsumi Hijikata
「暗黒舞踏」の創始者、土方巽 
アンチ・キリスト性と、土方巽の暗黒 

▼『禁色』と男色 ▼『バラ色ダンス──A LA MAISON DE M. CIVEAWA(澁澤さんの家の方へ)』と『あんま──愛慾を支える劇場の話』 ▼『土方巽と日本人──肉体の叛乱』

60年代の暗黒と、「危機に立つ肉体」 

▼『禁色』まで──マイムとアルトー ▼身体の硬直と、「命がけで突っ立った死体」

70年代以降の暗黒と、衰弱体の採集 

▼東北と幼年期、「暗黒」と「闇」 ▼衰弱体の採集

『四季のための二十七晩』以降と、「姉」 

▼『四季のための二十七晩』への始動 ▼女性ダンサー達と姉
▼『四季のための二十七晩』──「疱瘡譚」 ▼衰弱体とエロス
▼『四季のための二十七晩』──「すさめ玉」から「ギバサン」までの四作品 ▼メタモルフォーゼと舞踏譜

土方「暗黒舞踏」の振付けの頂点 

▼「白桃房」の始まりと、芦川羊子 ▼76年『ひとがた』──芦川羊子の瘡蓋姫 ▼最後の作品『東北歌舞伎計画4』

大野一雄 ◆ Kazuo Ohno
奇跡のダンサー、大野一雄 
大野一雄の復活『ラ・アルヘンチーナ頌』 
舞踏ファーザー 
クリスチャン、ユダ、宇宙心 
即興舞踏の系譜 

第二章 「暗黒舞踏」創始期から活躍するダンサー達 

元藤子 ◆ Akiko Motofuji
土方巽との出会いと『禁色』 
土方巽との60年代
 ──アヴァンギャルドの母として 
舞台活動の再開──レダの化身として 

大野慶人 ◆ Yoshito Ohno
共演者として、演出家として 
最近の大野慶人と、
 『ドリアングレイの最後の肖像』 

高井富子 ◆ Tomiko Takai
60年代『形而情學』と『まんだら屋敷』 
『形而情學』の再開から、海外の舞台まで 

石井満隆 ◆ Mitsutaka Ishii
ジュネの舞踏──梨頭の天才論 
『舞踏市』から渡欧まで
 ──初めて海外に進出した舞踏家 
渡欧から帰国まで──鳥人伝説 
舞踏療法と即興の精神──絶望から希望を 

笠井 叡 ◆
「天使館」主宰 Akira Kasai (TENSHIKAN)
舞踊神と舞踏──笠井叡の根源を探る 
精霊舞踏という発想──肉体の位階 
精霊舞踏──呼気と吸気の狂気 
オイリュトミーから、
 94年『セラフィータ』以降 

中嶋 夏 ◆
「霧笛舎」主宰 Natsu Nakajima(MUTEKISHA)
「同志の舞踏」から「霧笛舎」へ 
障害者と健常者のワークショップ、
 そして「暗黒舞踏」 

玉野黄市 ◆
「哈爾賓派」主宰 Koichi Tamano(HARUPIN-HA)
東洋の怪獣、サンフランシスコへ 
大平洋を股にかけての活躍
 ──ガニ股のニジンスキー 

第三章 「大駱駝艦」70年代からの台頭と現在 

「大駱駝艦」◆
主宰=麿赤兒 DAIRAKUDAKAN by Akaji Maro
舞踏・第二世代の筆頭グループ「大駱駝艦」
 ──アングラ演劇の混沌を含んだ新しい出発 
「天賦典式」──儀式性と、
 「特権的肉体」のコンプレックス論 
「日常行為」に抹殺された「身ぶり」の採集
 ──スサブモノと野口体操 
初期の代表作──『金魂鳥亞レシアン島八咫』
 『陽物神譚』『皇大睾丸』他 

▼『金魂鳥亞レシアン島八咫』(『馬頭記』)──新しい祝祭と戦後の心象風景 ▼『陽物神譚』──土方巽の共演、もう一つの大戦の記憶
80年代の「大駱駝艦」を支えたもの 

▼豊玉伽藍「十二の光シリーズ」と京都の野外特設伽藍 ▼『五輪の書』──「舞踏フェスティバル'85」 ▼『怪談・海印の馬』──肉体の饗宴から芸能の系譜まで

90年代以降の新生「大駱駝艦」 

▼『雨月〜昇天する地獄』──二十周年記念特別「天賦典式」 ▼『死者の書'96』──麿赤兒の特権的「死者の書」 ▼『流婆』──エロスの饗宴とオリュウノオバ ▼『幽契』──麿赤兒vs.若手のダンサー達 ▼『完全なる人人』──「マトリックス」とネクロフェリア・タンゴ ▼『泥芸者』──三十周年記念「天賦典式」

虎の穴「大駱駝艦」の現在とこれから
 ──N.Y.にも飛火する「壺中天公演」 

第四章 80年代のパリに本拠地を築いた最初のグループ 

「アリアドーネの会」◆
主宰=カルロッタ池田 Comp. メARIADONEモ by Kallotta Ikeda
パリ公演を成功させた最初のグループ 
『ツァラトゥストラ』の旋風、ヨーロッパに上陸
 ──二三五ステージの快挙 
ソロ作品『うっ』の衝撃と、『非女』 
その後、ソロ『小さ子』、デュオ『アィ・アムゥる』、
 多国籍混成『春の祭典』他 
室伏 鴻(&草薙うらら) ◆
Ko Murobushi & Urara Kusanagi
Edge(エッジ)に立つダンサー 

「山海塾」◆
主宰=天児牛大 SANKAIJUKU by Ushio Amagatsu
世界的BUTOHグループ「山海塾」
 ──パリ市立劇場を本拠地として 
「山海塾」の身体性
 ──重力との対話と瞑想的世界 
「山海塾」の初期の舞台とこれまで 
▼天児牛大の心象風景『金柑少年』 ▼凱旋帰国公演『縄文頌・』
『卵を立てることから──卵熱』
 ──繰り返されるワールドツアー 
『闇に沈む静寂──しじま』から、二一世紀の最新作
『仮想の庭──うつり』までの変遷 

▼88年初演『闇に沈む静寂──しじま』 ▼93年初演『常に揺れている場の中で──ゆらぎ』 ▼95年初演『ゆるやかな振動と動揺のうちに──ひよめき』 ▼98年初演『遙か彼方からの──ひびき』 ▼2000年初演『かがみの隠喩の彼方へ──かげみ』 ▼21世紀の最新作『仮想の庭──うつり』

第五章 土方巽、大野一雄、石井満隆、笠井叡に師事したダンサー達 

◆土方巽系 The line of Hijikata◆

小林嵯峨 ◆

和栗由紀夫 ◆ 「和栗由紀夫+好善社」主宰 

山本 萌 ◆

三上賀代 ◆
「とりふね舞踏舎」 主宰=三上宥起夫

◆大野一雄系 The line of Ohno◆

武内靖彦 ◆ Yasuhiko Takeuchi

上杉貢代 ◆ Mitsuyo Uesugi

秀島 実 ◆ Minoru Hideshima

◆笠井叡系 The line of Kasai◆

山田せつ子 ◆ 「枇杷系」主宰 

大森政秀 ◆ 「天狼星堂」主宰 

杉田丈作 ◆ 「舞踏石研究所」主宰

◆石井満隆系 The line of Ishii◆

岩下 徹 ◆ Toru Iwashita

第六章 80年代、舞踏の系譜の外からの挑戦 

田中 泯 ◆

五井 輝 ◆ Teru Goi

岩名雅記 ◆ Masaki Iwana 

第七章 地方に本拠地を築いたグループとダンサー達 

◆「北方舞踏派」系 The line of HOPPOH BUTOH-HA◆
ビショップ山田 ◆

雪 雄子 ◆ Yuko Yuki

栗太郎 ◆

竹の内淳 ◆

◆「白虎社」系 The line of BYAKKO-SHA◆

大須賀勇 ◆
桂 勘 ◆ 「桂勘&サルタンバンク」主宰

◆「山海塾」系 The line of SANKAIJUKU◆

滑川五郎 ◆ Goro Namerikawa

第八章 拡散する舞踏1 

田村哲郎 ◆

「舞踏舎 天鷄」◆

UNO─MAN(宇野萬) ◆

Rosaゆき ◆ 「SUB ROSA」主宰 Rosa Yuki (SUB ROSA)

イシデタクヤと、other dancers ◆ Takuya Ishide & other dancers

第九章 拡散する舞踏2
  (海外を本拠地にしたダンサー達) 

古川あんず ◆

ミゼール花岡 ◆

古関すまこ ◆ Sumako Koseki 日仏を本拠地に

第十章 拡散する舞踏3
    (若い世代の試みと、コンテンポラリー・ダンスとの融合) 

「大豆鼓ファーム」◆

「サルバニラ」◆

「赤色彗星館」◆

「東雲舞踏」◆

「枇杷系」◆

丹野賢一 ◆

山崎広太 ◆

伊藤キム ◆

◆Other Dancers◆
由良部正美 ◆ Masami Yurabe/「舞踏派ZERO」 ◆ 楠田健人&筆宝ふみえ BUTOH-HA ZERO by Kenjin Kusuda & Fumie Hippo/ゆみ うみうまれ ◆ Umiumare Yumi/細田麻央 ◆ Mao Hosoda/「千日前青空ダンス倶楽部」 ◆ 主宰=紅玉 SENNICHIMAE Aozora DANCE CLUB by Benidama/池田ユリヤ ◆ Yuriya Ikeda/大倉摩矢子 ◆ Mayako Ohkura/「ささらほうさら」 ◆ 主宰=安田理英 SASARAHOUSARA by Rie Yasuda

 終わりに 

 主要資料一覧 

 舞踏・総合年表 


GO TOP
| ご注文方法 | 会社案内 | 個人情報保護 | リンク集 |

〒102-0072東京都千代田区飯田橋3-2-5
TEL:03-3221-1321 FAX:03-3262-5906