現代書館
福祉一覧障害・福祉・臨床心理一覧書名一覧買物カゴを見る

ソーシャルワーカーのための反『優生学講座』

ソーシャルワーカーのための反『優生学講座』――「役立たず」の歴史に抗う福祉実践

装幀 北田雄一郎

藤井渉 著
4月12日発売!
判型
A5判 並製 216ページ
定価
2200円+税
ISBN978-4-7684-3590-8

注文数
増やす
減らす
注文数を入力し、押して下さい
好評発売中!

【STORES】現代書館ウェブショップは、カード決済等でもご購入いただけます。発送手数料も無料!
https://gendaishokanshop.stores.jp/items/6242811e2b2d3d5817eed6e3

福祉の面白さを伝え、現場実践を変える「現代書館ソーシャルワークシリーズ」第4作!

優生保護法による強制不妊手術、ナチスのT4作戦――障害者を「役立たず」とみなし、命を奪う優生思想。その一助を、戦前・後の社会福祉政策が担ってきた過去を、あなたは知っていますか? その延長線上に相模原障害者殺傷事件があるとしたら、あなたはどうしますか? 優生思想の歴史から今日までを、現場のワーカー向けに解説。過去の過ちから学び、「役立たず」の思想に抗う福祉実践を伝える、画期的な入門書! 社会福祉本来の役割である「個人の幸福の保障」を取り戻すため、今こそ現場に届けたい一冊。

社会福祉は、優生思想の歴史をどう問い直すことができるのか。
現場(いま)と優生学の歴史(むかし)を往還する書。

【主要目次】
第1章 狭い現場から少し距離をとって見つめ直す
第2章 「隠さない」実践
第3章 入所施設と向き合う
第4章 反「スケープゴート」の実践
第5章 「役立たず」の論理を問う
第6章 戦争にとっての「役立たず」
第7章 「役立たず」のルーツを問う
第8章 「普通」ってなんだろう?

【著者紹介】
藤井渉(ふじい・わたる)
日本福祉大学社会福祉学部准教授。博士(人間福祉学)。専門領域は障害者福祉論。研究テーマは戦争と障害者、障害者福祉政策など。医学史研究会幹事、大阪精神医療人権センター面会スタッフ、大阪市障がい者施策推進協議会委員などを務める。主著に、『障害とは何か 戦力ならざる者の戦争と福祉』(法律文化社)。



GO TOP
| ご注文方法 | 会社案内 | 個人情報保護 | リンク集 |

〒102-0072東京都千代田区飯田橋3-2-5
TEL:03-3221-1321 FAX:03-3262-5906