現代書館
社会一覧自然科学・環境一覧書名一覧買物カゴを見る

石炭火力が日本を救う

石炭火力が日本を救う――CO2神話の崩壊

装幀 宗利淳一

木本協司 著
判型
四六判 上製 224ページ
定価
2000円+税
ISBN978-4-7684-5697-2

注文数
増やす
減らす
注文数を入力し、押して下さい
“原発推進”の柱といえるCO2温暖化論が虚構科学であることを数学的に実証。地震活動期に入った日本のエネ ルギー戦略として、経済的で安全な石炭火力へのシフトが最善と結論づける。原発の根幹を揺るがす新たな切り口の書。

[著者紹介・編集担当者より]

木本協司(きもと・きょうじ)
一九四三年、満州生まれ。九州大学工学部修士課程卒。大手化学会社で石油化学プラントのコンピュータシミュレーション、食塩電解用・燃料電池用フッ素化膜の研究開発に従事。現在、燃料電池膜の技術コンサルタント、温暖化理論研究者。著書に、『PEFC用電解質膜の開発』(CMC出版)、『CO2温暖化論は数学的誤りか』(理工図書)がある。

CO2排出による温暖化が懸念され、石炭や石油、天然ガスなどの化石燃料を使った火力発電ではなく、環境にやさしい未来のエネルギーとして原子力発電を推進してきた国と電力会社。そこに福島原発事故が起こり、風力発電や太陽光発電などの再生可能エネルギーに焦点が当たり始めた。しかし、他国の例をみても、その設備を導入するのに莫大なコストがかかる。
著者はCO2温暖化論の根拠を崩したうえで、地震活動期に入った日本のエネルギー戦略として、経済的で安全な石炭火力へのシフトが最善と結論づけている。端からダメだと思っていたものも、その根拠を突き詰めれば新たな道が開けることを教えてくれる。現時点での現実的な対応策として、石炭火力を導入することは賢い選択と考えられる。(山)


【目次】

はじめに

第一章 「革新的エネルギー・環境戦略」批判
 第一節 外交と戦争
 第二節 国土喪失の危機

第二章 福島第一原発事故の惨状
 第一節 津波の高さは想定内だった
 第二節 四号機燃料プールの恐怖
 第三節 耐震設計審査指針は免罪符科学

第三章 原発を支える二つの柱
 第一節 核燃料サイクルの夢
 第二節 温暖化対策の切り札

第四章 気候変動の主役は太陽活動
 第一節 CO2温暖化論は虚構科学
 第二節 海洋問題と成層圏冷却問題
 第三節 二〇一八年頃から寒冷化か?
 第四節 最近のトピックス
 ・二〇一〇年の異常に暑い夏
 ・二〇一二年の九州北部豪雨と台風一五号
 ・北極上空にオゾンホール発生
 ・氷河期はCO2増加で終わった?
 ・海の酸性化とサンゴの白化問題
 ・北極海氷の減少

第五章 化石燃料時代の到来
 第一節 シェールガス革命
 第二節 日本の石炭火力は世界一
 第三節 国内資源の有効利用

第六章 今後の日本のために
 第一節 「非常事態省」を設置する
 第二節 資源国ブラジルと深い相補関係を築く

参考文献
あとがき



GO TOP
| ご注文方法 | 会社案内 | 個人情報保護 | リンク集 |

〒102-0072東京都千代田区飯田橋3-2-5
TEL:03-3221-1321 FAX:03-3262-5906