現代書館
人文一覧歴史・民俗・民族一覧書名一覧買物カゴを見る

東芝の祖 からくり儀右衛門

東芝の祖 からくり儀右衛門――日本の発明王 田中久重伝

林 洋海 著
判型
四六判 上製 280ページ
定価
2000円+税
ISBN978-4-7684-5748-1

注文数
増やす
減らす
注文数を入力し、押して下さい
幕末から明治にかけて九州・久留米から3人の偉人があらわれた。田中久重が東芝、日比翁助は三越、石橋正二郎がブリヂストンをつくった。本書では、東芝の祖、田中久重(1799〜1881 幼名:儀右衛門)の生涯を新資料を基に活写し、新事実を明らかにしている。からくり人形づくりから身を起こし、和時計の最高傑作、イギリスでも開発しえなかったアームストロング砲や蒸気船、電話機の開発にも成功した田中の飽くなき開発精神は、脈々と現在の東芝に引き継がれている。名声を得た後、清貧に甘んじて佐賀へ行った理由や、彼に影響を与えた数々の先人にも光を当てるなど、田中久重の精神の襞にまで迫った読み応え十分の1冊!

[著者紹介・編集担当者より]
石橋は足袋屋から、日比はサムライから、田中はからくり職人から、業種は違うが、九州・久留米という小さな藩から出た偉人。その風土まで光をあて、人を見ている。本書は情報力の掴み方まで視野に入れ、現代のサラリーマンにも大いに刺激になる書になっている。


GO TOP
| ご注文方法 | 会社案内 | 個人情報保護 | リンク集 |

〒102-0072東京都千代田区飯田橋3-2-5
TEL:03-3221-1321 FAX:03-3262-5906