現代書館
文芸一覧文芸・エッセイ・文芸評論一覧書名一覧買物カゴを見る

海を渡り、そしてまた海を渡った

海を渡り、そしてまた海を渡った

装幀 宗利淳一  装画 澤井昌平

河内美穂 著
7月25日発売!
判型
四六判 上製 192ページ
定価
1800円+税
ISBN978-4-7684-5923-2

注文数
増やす
減らす
注文数を入力し、押して下さい
好評発売中!

【STORES】現代書館ウェブショップは、カード決済等でもご購入いただけます。発送手数料も無料!
https://gendaishokanshop.stores.jp/items/62c3d14840ebf06a716ded53

【内容】
中国・興安嶺(こうあんれい)から日本へ――。
もう一つの名前を持つ三世代の女たちが、記憶を語り出す。

1945年、中国北部、旧満州の山奥・興安嶺で拾われて育ったワンチュンリエン(王春連)、その娘のツァンホンメイ(蒼紅梅)、孫娘ヤンリュウ(楊柳)の三世代の物語。中国では「日本鬼子」と呼ばれ、文化大革命では徹底的な弾圧に晒されたワンチュンリエン。医師を志すも、社会からそれを許されなかったホンメイ。日本に帰国後、壮絶ないじめにあった兄をもつヤンリュウ。女性が自らに語るように過酷な過去と向かい合い、三世代それぞれのアイデンティティの不安が錯綜する。〈中国残留孤児〉の血脈をリアルかつみずみずしく描く物語。

日本人が、決して目を逸らしてはいけない女性たちの過去。
壮絶な人生を語る姿に仄見える明日への希望。

【著者紹介】
河内美穂(こうち・みほ)
広島県出身。広島大学文学部(中国語学中国文学専攻)卒業。広島大学大学院地域研究研究科(アジア研究)修了。中国遼寧大学留学。文筆のかたわら中国語の翻訳・通訳。著書に『氷晶のマンチュリア』『上野英信・萬人一人坑』(いずれも現代書館)など。


GO TOP
| ご注文方法 | 会社案内 | 個人情報保護 | リンク集 |

〒102-0072東京都千代田区飯田橋3-2-5
TEL:03-3221-1321 FAX:03-3262-5906