現代書館
芸術一覧音楽・芸能・サブカルチャー一覧書名一覧買物カゴを見る

「歓喜に寄せて」の物語

「歓喜に寄せて」の物語――シラーとベートーヴェンの『第九』

装丁 中山銀士

矢羽々 崇 著
[品切れ]
判型
四六判 上製 392ページ
定価
3000円+税
ISBN978-4-7684-6944-6

注文数
増やす
減らす
注文数を入力し、押して下さい
「ベートーヴェンの第九」として誰もが知っている名曲「歓喜に寄せて」。映画「バルトの楽園」で描かれたように大正時代から日本でもおなじみのこの名曲には秘められた歴史があった。ドイツ文学史・近代史の流れの中で名曲の歴史に新たな光を当てる。

著者はNHKラジオドイツ語講座講師をたびたび務めた獨協大学助教授です。矢羽々博士の分析は楽しく深く、ためになります。中学校の音楽室の壁に必ずかかっているベートーヴェンの、あの眉間にシワを寄せた苦悩の顔には知られざる史実が隠されていたのだ。(平)


GO TOP
| ご注文方法 | 会社案内 | 個人情報保護 | リンク集 |

〒102-0072東京都千代田区飯田橋3-2-5
TEL:03-3221-1321 FAX:03-3262-5906