現代書館
人文一覧シリーズ藩物語一覧書名一覧買物カゴを見る

三池藩(下手渡藩)

シリーズ藩物語 三池藩(下手渡藩)

装幀 伊藤滋章(基本デザイン・中山銀士)

林洋海 著
6月25日発売!
判型
A5判変型 並製 208ページ
定価
1600円+税
ISBN978-4-7684-7149-4

注文数
増やす
減らす
注文数を入力し、押して下さい
立花種次が元和7年(1621年)、三池(現在の福岡県大牟田市)に陣屋を構えて、三池藩が立藩した。1万石の外様小藩であったが、歴代の藩主からは、江戸幕府の要職である若年寄(6代種周)や老中(8代種恭)に就任した優秀な人材が輩出している。江戸時代中期に三池藩が奥州下手渡(現在の福島県伊達市)へ領地替えとなったが、嘉永4年(1851年)、再び三池に半知復封した。2代種長の治世の元文3年(1738年)、三池稲荷山で石炭の掘削が始まり、寛政2年(1790年)には石山法度(炭山取締規則)が制定されて、三池炭鉱の基礎ができた。


GO TOP
| ご注文方法 | 会社案内 | 個人情報保護 | リンク集 |

〒102-0072東京都千代田区飯田橋3-2-5
TEL:03-3221-1321 FAX:03-3262-5906