現代書館

中高年の発達障害――二次障害をいきのびるための処方箋

装幀 大森裕二
凪野悠久 著/仮屋暢聡 監修
2024年3月11日発売!
判型
四六判 並製 288ページ
定価
2000円+税
予約受付中!

【STORES】現代書館ウェブショップからでしたらカード決済等での購入も可能です!
発送手数料も無料!
https://gendaishokanshop.stores.jp/items/65d56630935325003133ec56

【内容】
中高年の生きづらさ、実は発達障害が原因かも――?
自分・他者・環境を分析し、折り合いをつける実践的手法

 40代半ばでうつ病を発症、50代で発達障害(ADHD)の診断。長く続いたうつ病は、発達障害の「二次障害」であった――仕事や人間関係のトラブルなど様々な困りごとに直面し、「生きづらさ」に苦しんだ著者が、還暦をすぎて平静な心を取り戻すまでを詳述した手記。試行錯誤と葛藤の果てに辿り着いた、中高年の発達障害者が生き延びるためのリアルな処方箋。
 発達障害そのものに関する意識が希薄な世代である中高年は、理由もわからぬままに人間関係に問題を抱え、仕事を失い貧困状態に陥る人も多い。「空気が読めない」「不用意な発言をしてしまう」「こだわりが強い」……幼年期・学生時代・社会人時代を通して抱えてきた自分の特性と周囲の環境を分析し、様々な視点から「折り合い」をつける方法を実践的に解説。

【主要目次】
第一章 発達障害とは
第二章 自らを知る
第三章 とりまく環境を知る
第四章 「自分自身」と折り合いをつける
第五章 「他者」や「とりまく環境」と折り合いをつける
第六章 うつ病と遅発性ジスキネジア
第七章 これからの生き方、やりたいこと、そして家族
※各章末に「いきのびる」ための読書ガイド付!

【著者紹介】
凪野悠久(なぎの・ゆうきゅう)
1959年生まれ。早大卒。報道機関勤務後、東南アジア、西アジアなどで国際協力に従事。四十代でうつ病を発症し、以後慢性うつ病となる。五十代で発達障害と診断される。精神障害者雇用を経て、現在、執筆活動に専念。
ISBN978-4-7684-5956-0


注文数
増やす
減らす
注文数を入力し、押して下さい


GO TOP
| ご注文方法 | 会社案内 | 個人情報保護 | リンク集 |

〒102-0072東京都千代田区飯田橋3-2-5
TEL:03-3221-1321 FAX:03-3262-5906