現代書館

がん患者の集団になにができるか――肺がんの罹患経験の社会学

装丁 宗利淳一
齋藤公子 著
2024年3月8日発売!
判型
四六判 上製 296ページ
定価
3400円+税
予約受付中!

【STORES】現代書館ウェブショップは、カード決済等でもご購入いただけます。発送手数料も無料!
https://gendaishokanshop.stores.jp/items/65d42b3e82a509002b1fb04e

【内容紹介】
がん患者たちは集まって活動することで、
それぞれの生き方の可能性を広げることができる。

肺がん患者たちの集団活動に出会ったことで、
私が受けた衝撃とはなんだったのか。
「知識のやりとり」と「生きる権利の訴え」
という二種類の活動に焦点を当て、迫っていく。
重篤な病状(ステージV,W)と向き合う人々の
ライフストーリーを検討していくなかで、
彼ら彼女らが、集うことで社会や医療を変革し、
連帯や希望をもたらしていることを明らかにしていく。

【主要目次】
1章 課題の設定
2章 近年のがん医療と肺がん医療
3章 先行研究
4章 調査概要
5章 がんは人々の「生」にいかに影響するか――肺がん患者たちの語りから
6章 肺がん患者たちによる「知識のやりとり」――集団内での活動
7章 肺がん患者たちによる「生きる権利の訴え」――集団の外に向けた活動
8章 がん患者たちの集団になにができるか――結論

【著者紹介】
齋藤公子(さいとう・きみこ)
1962年生まれ、埼玉県出身。立教大学文学部英米文学科卒業。ニューヨーク市立大学ハンターカレッジに学士入学し、主専攻・社会学、副専攻・女性学でBachelor of Art取得。複数の出版社に編集者として勤務し、在職中に胃がんに罹患して、がんの患者会活動に参加。博士(社会学)。現在は、立教大学社会福祉研究所で事務局兼任の研究員を務める。
ISBN978-4-7684-3601-1


注文数
増やす
減らす
注文数を入力し、押して下さい


GO TOP
| ご注文方法 | 会社案内 | 個人情報保護 | リンク集 |

〒102-0072東京都千代田区飯田橋3-2-5
TEL:03-3221-1321 FAX:03-3262-5906