現代書館

介護漂流――認知症事故と支えきれない家族

装幀 伊藤滋章
山口道宏 編著
4月15日発売!
判型
四六判 上製 224ページ
定価
1600円+税
2007年に愛知県で起きた認知症鉄道事故の裁判の経過を基に、老老介護、介護離職など在宅介護における厳しい現実と、「施設・病院から在宅へ」と掲げる政策、介護保険制度の限界により負担が強いられる実態を詳らかにする。


[編著者紹介]

山口道宏(やまぐち・みちひろ)

ジャーナリスト、星槎大学教授、NPO法人シニアテック研究所理事長、法政大学大原社会問題研究所嘱託研究員ほか。主著『老夫婦が独りになる時』(三省堂)、『東京で老いる』(毎日新聞社)、『老いを戦略するとき』(共編著、現代書館)、『男性ヘルパーという仕事』『申請主義の壁!』『無縁介護』(いずれも編著、現代書館)。


[著者紹介]

池田裕子(いけだ・ゆうこ)

元新聞記者、介護福祉士。主著『男性ヘルパーという仕事』『申請主義の壁!』『無縁介護』(いずれも共著、現代書館)。


山村檀美(やまむら・まゆみ)

ライター、介護福祉士、居宅介護支援事業所責任者。主著『やっぱりあぶない、有料老人ホームの選び方』(NPO法人シニアテック研究所 編著、三五館)、『申請主義の壁!』『無縁介護』(ともに共著、現代書館)。


吉田啓志(よしだ・ひろし)
毎日新聞編集委員


[取材協力]

石川由紀/藤原るか/シニア総研/NPO法人シニアテック研究所


[編集担当者より]

認知症の介護はプロでも難しいという。それを家族とはいえ素人が行うことは、根本的に無理な話なのだろう。一方で、老後も住み慣れた地域で暮らしてもらうための「地域包括ケアシステム」と銘打たれた政策が実施されているが、住まい、医療、介護などを生活圏内で整備できたとはいえない状況にある。

団塊世代が75歳以上になる2025年には、都内高齢者の四人に一人が要介護者になる計算。現行の介護保険制度など、高齢者福祉施策の問題点を目の当たりにさせられる1冊である。



[主要目次]

序 「在宅介護」が哭いている

1 名古屋認知症鉄道事故裁判

認知症JR鉄道事故訴訟に最高裁が初判断
一審判決、家族に七二〇万円の支払い命令
二審判決、同居の妻に三五九万円の支払い命令
家族を責めるのではなく、社会的救済を 


2 綱渡りな「在宅」

とじこもる理由
介護レスのひとびと
高齢化するホームヘルパー
「介護予防」が消えた
「再申請するってか」 


3 「介護離職」は年間十万人

介護と無年金
「介護離職」と介護報酬
措置の効用


4 生活圏イコール生活権

生活圏・暮らし・アクセス
「地域包括ケアシステム」 


5 漂流する介護

「保養地型特養」
「サ高住」と「お泊りデイ」
待機は、バリア
在宅主義の矜持


6 ヘルパー日誌 単身化と「在宅介護」の現場から

7 鼎談「無縁社会と介護」――石川由紀 藤原るか 山口道宏


8 検証「介護の社会化」と「在宅介護」

誰のため、なんのための「介護保険」か
サービスに地域格差が
自己負担増の構造
朝令暮改の福祉施策で
介護施設の「医療難民」
足りない介護の担い手
世代を超えた連帯を


巻末資料――最高裁判決についての見解

おわりに



【おすすめの類書】


『無縁介護――単身高齢社会の老い・孤立・貧困』



『「申請主義」の壁!――年金・介護・生活保護をめぐって』
ISBN978-4-7684-3547-2


注文数
増やす
減らす
注文数を入力し、押して下さい


GO TOP
| ご注文方法 | 会社案内 | 個人情報保護 | リンク集 |

〒102-0072東京都千代田区飯田橋3-2-5
TEL:03-3221-1321 FAX:03-3262-5906