現代書館

シリーズ藩物語 秋月藩

装丁 中山銀士
林洋海 著
7月8日発売!
判型
A5判変型 並製 208ページ
定価
1600円+税
建仁三年(1203)筑紫の豪族原田氏が鎌倉幕府より秋月の地を賜り、地名の秋月を名乗ってその後400年に渡って治めた。秋月氏は豊臣秀吉に逆らい敗北、日向国高鍋藩へ移される。
福岡藩・黒田長政の没後、三男長興が5万石を分地され、福岡藩の支藩として秋月藩を立藩、版籍奉還まで治めた。秋月藩中興の祖と言われる八代藩主・長舒は高鍋藩秋月氏からの養子で、先祖の地に返り咲いた形になる。長崎警備や治水等で功績を挙げた。

現在も藩時代の街並みや桜並木で、観光客が絶えない。九州で最も古い城下町の物語。



ISBN978-4-7684-7141-8


注文数
増やす
減らす
注文数を入力し、押して下さい


GO TOP
| ご注文方法 | 会社案内 | 個人情報保護 | リンク集 |

〒102-0072東京都千代田区飯田橋3-2-5
TEL:03-3221-1321 FAX:03-3262-5906