現代書館

ポルトガル 震災と独裁、そして近代へ

装幀 伊藤滋章
市之瀬敦 著
4月7日発売!
判型
四六判 上製 472ページ
定価
3600円+税
中世期、スペインと世界を二分する海洋大国であったポルトガルだが、17世紀以降、近代化の波に乗り遅れ、1755年にはリスボン大震災に襲われる。大地震と津波により6万〜7万人が死亡し、首都は壊滅。混乱に乗じて権力を掌握したポンバル侯爵は恐怖政治を行う一方、素早い復興政策によって、めざましい成果を収める。激しい毀誉褒貶を通じて、「政治リーダーに求められる資質とは何か?」大いに考えさせられる。 また、大震災を契機として「中堅国家として身の丈に合った国づくり」に邁進する姿は、現代日本にとって学ぶべき点が多く見られ、歴史教訓の宝庫である。

ISBN978-4-7684-5781-8


注文数
増やす
減らす
注文数を入力し、押して下さい


GO TOP
| ご注文方法 | 会社案内 | 個人情報保護 | リンク集 |

〒102-0072東京都千代田区飯田橋3-2-5
TEL:03-3221-1321 FAX:03-3262-5906