現代書館

知の歴史――哲学と科学で読む138億年

装幀 大森裕二
渡部佳延 著
2023年9月7日発売!
判型
四六判 並製 472ページ
定価
2500円+税
好評発売中!

【STORES】現代書館ウェブショップは、カード決済等でもご購入いただけます。発送手数料も無料!
https://gendaishokanshop.stores.jp/items/64e31ccc816e61002b6dda59


ビッグバンから始める、世界最長の哲学史!

 哲学は、古代ギリシア以来長い間、すべての学問の総称として用いられてきた。現在でこそ、哲学と科学は「文系」「理系」という対極に位置づけられることが多いが、17世紀に万有引力の法則を発見したニュートンでさえ、自らを「哲学者」、自身の革新的理論を「自然哲学」と分類していたのである。哲学と科学の逆転は、いつ、何故、どのように起きたのか?
 本書は、哲学の歴史を、ビッグバンから始まる自然科学史や、現在までに至る科学技術発展の系譜を絡めた138億年という壮大な時間軸で描き出す。哲学史としては自然哲学から構造主義まで、哲学史に登場する知のトップランナー達の生い立ちと思想のポイントが、楽しいイラストを添えてコンパクトにまとめ上げられている。哲学と科学、両者の長大な歴史が縦横無尽に網羅された1冊。

138億年の旅の終着点は、理想郷か、それとも悪夢か?


【主要目次】
  序 「知」以前
第T部 生命が始まり、知が始まる
第U部 動物を超えて――神話で覆われる世界
第V部 世界探究への出発――神話から哲学へ
第W部 再び神話の世界へ――キリスト教の制覇
第X部 近代知が世界を睥睨する――人間の力の自覚
第Y部 知への疑惑
 結び 知の展望


【著者紹介】
渡部佳延(わたべ・よしのぶ)
1948年、東京・台東区生まれ。早稲田大学第一文学部人文学科卒業。1972年、講談社に入社。『英文日本大百科事典』全9巻の編集に携わり、「講談社現代新書」編集次長を経て、「講談社選書メチエ」編集長、「講談社学術文庫」編集長を歴任。2003年退社後、昭和薬科大学・神奈川大学非常勤講師、日本学術振興会専門委員などを務めた。専門は、西洋思想史、20世紀文学。著書に『サルトル、存在と自由の思想家』(トランスビュー)など多数。
ISBN978-4-7684-5941-6


注文数
増やす
減らす
注文数を入力し、押して下さい


GO TOP
| ご注文方法 | 会社案内 | 個人情報保護 | リンク集 |

〒102-0072東京都千代田区飯田橋3-2-5
TEL:03-3221-1321 FAX:03-3262-5906